世界の短編映画祭 大御所の監督が敢えて短編映画を作成する事も!

スポンサードリンク       プライバシーポリシー



最近では日本でも注目を浴びている短編映画ですが、世界の短編映画祭をいくつか紹介したいと思います。

短編映画は上映時間に対し、明確な区分は無いものの、エンドクレジットを含めて30分以内で終わる映画を指します。

日本ではまだ大きく認知はされていませんが、欧米では当たり前のように確立されたカテゴリーです。長編映画監督でデビューを目指す者が習作として作成する事もあり、いわゆる「映画監督の名刺」としても短編映画は作成されています。

映画制作者やプロデューサーは、映画祭の短編映画部門などでこれらの作品を確認し、監督の発掘を行ったりします。また、低予算で制作が出来る事から、映画学校での実習として作成される事もあります。

最近では大御所の監督が、敢えて短編映画を作成する事もあったりしますので、そういったことからも見逃せないジャンルにもなっています。


世界の短編映画祭として有名なオーバーハウゼン国際短編映画祭

この登竜門的扱いの短編映画ですが、短編映画のみに特化した映画祭もあります。世界の短編映画祭として有名なのが、
オーバーハウゼン国際短編映画祭で、ドイツで開催される世界一古い歴史を持つ短編映画祭です。

参加した映画監督は、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」や「ミリオンダラー・ホテル」等のヴィム・ヴェンダース、
「ギャング・オブ・ニューヨーク」や「ディパーテッド」等のマーティン・スコセッシ、「スター・ウォーズ」や
「インディ・ジョーンズ」等のジョージ・ルーカスなど、実に多くの大監督が参加しています。

この他に、フランスでは世界最大の短編映画祭と言われる、クレルモンフェラン・ショートフィルムフェスティバル
いうものがあります。  短編映画の世界では、知らぬ者がいないと言われる程、代表的な映画祭です。

この映画祭が出身の映画監督は実に多く、ティム・バートン、イーサン・コーエン、ハル・ハートリー、ジム・ジャームッシュ、
ジャン・ピエール・ジュネなどは、この映画祭が出身です。


SPONSORED LINK



ショートショートフィルムフェスティバル

また、日本にも世界に通用する短編映画祭があり、「ショートショートフィルムフェスティバル」は
別所哲也が実行委員会代表を務める、アジア最大級の映画祭です。
主に大阪、名古屋、広島などで開催され、2004年にはアカデミー賞の公認映画祭としても認められています。

日本でも短編映画が活性化してきていますが、短編映画を劇場で観る事が出来る環境は整っておらず、
短編映画専門の映画館としては下北沢横浜の2箇所しかありません。

若い大きな可能性を持つ監督を、より多く発掘させるためにも、短編映画を普及していくことは
とても大切なことですから今後の普及に期待が寄せられています。


スポンサードリンク